以前ある雑誌の中で、デリヘル嬢の女性との、恋愛体験の記事が、載せられておりました。

投稿した男性は、ある時勤務先の会社で、業務が上手く行かず、かなり落ち込んでいて、仕事が終わった後に、気分転換で、街中のバーへと、足を運んで行ったそうです。

一人で寂しくビールを飲んでいると、若くてキレイな女性が、さりげなく隣に座って来たそうです。

この女性は、雰囲気が普通の女性達とは、明らかに異なり、見るからに、エロいフェロモンが漂っていたそうです。

「他に空いているカウンターの席は、沢山あるのに、何故自分の隣に座って来たのだろう?」などと、投稿した男性は、非常に疑問を感じ、酔っ払って来たせいなのか、何故だか無性に、話し掛けたくなってしまったそうです。

女性に、「どうしたの?こんなにイイ女が、一人で飲んで~何か嫌な事でもあったの?」などと、冗談交じりに声を掛けて見たそうです。

すると女性は、「どうしても、一人でお酒が飲みたい時だってあるでしょ?」などと、クールに受け答えて来たそうです。

何だか凄く共感した男性は、その女性ともっと話したくなり、ビールやツマミ類などを、彼女の為に注文して行きながら、上手く会話を深めて行き、最終的には、彼女と連絡先を、無事交換出来たのだそうです。

その後は、男性から積極的に、彼女のスマホにメールしたり、電話で話したりしながら、良好な信頼関係などを、何とか築いて行き、気付いた時には、双方が恋人同士になっていたそうです。

ある日の事、デートをいつも通りにやった後、お決まりのパターンで、ラブホテルへと向かい、彼女とSEXを交わし、以降では日常での笑い話や、くだらない話などで、盛り上がっていたそうです。

しかし男性は、彼女とエッチする度に、あまりにも気持ち良いので、彼女が今までに付き合った男性達の誰かに、エッチのテクニックを教え込まれたのか、尋ねて見る事にしたそうです。

すると彼女は、「私は普段デリヘル嬢として働いているから、きっとその影響かも知れないわ」などと、はっきりと答えて来たそうです。

男性は一瞬引いてしまったそうですが、透かさず「ラッキー!」などと、心の中で思い、現在においてでも、デリヘル嬢の彼女とは、仲良く交際しているんだそうです。

デリヘル嬢は特に柔らかい胸を使って。

気持ち良さに声をあげてしまうと、滋賀デリヘル嬢は私を抱き締め「我慢しようね」と耳元で囁く。