風俗嬢は特に柔らかい胸を使って。

気持ち良さに声をあげてしまうと、風俗嬢は私を抱き締め「我慢しようね」と耳元で囁く。

声を出すことを禁止した彼女だが、声にしないと快感が増幅することを知っていたようだ。

今度は風俗嬢が太ももを使って、私の腕や脚を洗う。
体を流すと湯槽で風俗嬢は私を抱き締める。

密着する体。彼女は私のお尻を弄る。ぞくぞくとする感覚。

「ごめんね、時間なの」いつの間にかベッドの上。

様子がおかしかったから運んでくれたそうだ。風俗嬢に支えられながらも自分で歩いたらしい。
その記憶は完全に消えていた。

それともいなり寿司というのは子供が食べる物に感じるのか。

こんなにおいしいというのに…。

私はマグロやトロなどの魚を使った寿司も勿論大好きなのですが、いなり寿司も大好きです。

けどいなり寿司って確かにパックのお寿司やお寿司屋さんではあまり見かけないように思います…。

スーパーにいなり寿司だけ入っているパックが売っているのはよく見ますが普通のお寿司とは別の位置付けにされてしまっているのかも知れないですね。

市販のいなり寿司もおいしいですが一番好きなのは母の作った手作りのいなり寿司です!

母は料理は上手い方ではありませんが、いなり寿司だけは本当に最高です!

毎日でも食べたいと思う程です。

少食の私でも母の作るいなり寿司ならば何個でもペロリと平らげてしまうくらい大好きなのです。